上の奥歯が重度歯周病です。治療の方法はありますか?

歯周病 歯槽膿漏 歯肉炎
歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎のQ&A

歯周病を治す方法は?

質問です。  はじめまして。歯周病の治療について相談したくメールしました。
 私は30代後半の者です。ある歯科医院で歯周病治療をはじめて1年半。その間、当初はレントゲン撮影の後、スケーリング歯周ポケットが5mm以上のところは麻酔をしてのルートプレーニング歯周外科手術とエムドゲイン塗布し、今に至っています。

重度の歯周炎に陥っているうちの3箇所は上記のように手術を行い、ほとんどの歯周ポケットが3mm以内になってきています。しかし、ポケットの深かった右上の奥の2番目の大臼歯は、治療開始当初にルートプレーニングを行った後、これといった検査もありませんでした。

 ところが昨年末に腫れて、膿の袋ができ、より歯肉が後退してしまいました。ちなみに その歯は、レントゲン写真をみると前歯側は中程度の歯槽骨吸収状態のようですが、奥側はもう1/4あるかないかと思われます。歯周ポケットも改善がみられません。いろんな本やホームページを見て、その歯はそう長く保存がきかないことは覚悟できていますが、今のところ、その歯の動揺はゼロです。歯科医師に今後のことを相談したのですが、だいたい下記のような感じでしたし、医師のいうことももっともな部分があると思います。

 「この1番奥の歯は、歯周外科手術をしても直視で見られないのでたまった歯石をとりきれない可能性がある。またエムドゲインを施しても残念ながら後ろ側は歯槽骨が水平に吸収しているので、多くの回復は期待できない。しばらくは様子をみて、クリーニング時、ここはとくに丁寧に超音波でスケーリング。もし、また腫れたりポケットが深くなってきたら麻酔してルートプレーニングをしますから」とのことでした。

 医師とはコミュニケーションがとれているほうだとは思います。ただ、これまでの治療中部分的に歯石除去することはありましたが、全歯にわたってのスケーリングは初期治療の後、先日がはじめて。右上の奥も私のブラッシングが不十分であったことやそのとき体調が不良であったことを含めたとしても、手術をしないならしないで、治療中ももっと念入りに頼めばよかったと思っています。1年半の治療で、全歯にわたる定期的なスケーリングが2回というのは、ちょっと少なかったのではと思わずにはいられない部分もあります。

 せっかくの治療なので、長い保存は見込めない歯であっても安静を保っている間に、なんとかもう少し改善をはかる努力を続けていきたいと思っているのですが、どうお考えになられますでしょうか?あまり無視されたら転院も考えた方がいいのでしょうか?

 長い文章になってすみません。
 ご教示の程よろしくお願いします。
答えです。  こんにちは。歯科医師の深沢です。
 大変よく勉強されていて、非常に感心致しました。とても、素人さんとは思えません。30台後半で、かなり歯周病が進行しているようですが「若年性歯周炎」といって、10代から潜在的に病気があり、知らぬ間に重度歯周炎に至る方が、しばしばうけられます。
 こういった方は、歯周病菌に対する抵抗性が著しく低く、歯周病の治療に反応しにくく、進行を食い止められない事が良くあります。また、そういった方がタバコを長年大量に吸っていると、症状の改善をあまり望めない事になります(貴方のケースがこれに当たるかは判りませんが)。

 重度の歯周病に、大臼歯(上2大臼歯)が陥ると、解剖学的理由により完治は殆ど望めないのが現状です。

なぜかと言うと、その歯の根っこは3本在り、枝分かれしています。その為、ルートプレーニングをパーフェクトには行えないからです。同様に、歯根を完全に綺麗にした状態でないと、エムドゲインの効果は出ません。

また、貴方の場合、周りの歯槽骨の状態がエムドゲインを適用する事が難しいようです。ただ、歯周外科により3本の根っこを完全に露出させ、歯間ブラシを3方向から通す事ができれば、腫れや、歯槽骨の吸収を止める事ができると思います。

 しかし、歯間ブラシが上手く使えなければ、格好の細菌の住みかになってしまいますから、かえって予後を悪くしてしまいます。また、状態によりますが、歯周外科を行っても、歯肉を下げる事が不十分にしか行えないかも知れませんので、この治療法が適応できるかどうかは、拝見してみなければ判りません。

 スケーリングの回数について不安という事ですが、歯石が溜まっていなければ、必ずしも行う必要性はないと思います。しかし、何もしないと歯周ポケット内の細菌は治療後3ヶ月でバイオフィルムを形成し、ひそかに歯周病を進行させていきます。ですから、PMTCを行うのが良いと思います。平行して、深い歯周ポケット内のバイオフィルムの破壊を1〜3ヶ月の間隔で行うのが良いでしょう。PMTCを行う事で、歯周ポケット内の細菌数を1/10位まで減らせる事が判っています。

 定期的なメンテナンスと歯周病予防用の歯磨き剤やうがい薬(ジェルコート、コンクール)などで、ケアしていく事をお薦め致します。

スポンサード リンク