中学校二年生で歯が少しぐらぐらします

歯周病 歯槽膿漏 歯肉炎
歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎のQ&A

中学校2年生の13歳で歯が少し、グラついています。

質問です。
私は中学校2年生の13歳です。

それなのに、歯が少し、グラついています。
少し前までは歯茎から出血していたのですが、最近は出ません。そのうえ、歯茎を刺激しても感覚のないところがあります。

最近はしっかりと歯を磨き、歯と歯茎の間も磨いていますが、本当に悩んでいます。

このままでは20歳には歯がないのではないかとか、この年で歯周病なのは私くらいなのではないかとか、いろいろ考えています。

13歳で私ほど症状が進んでいる人はどれくらい居るのでしょうか?
私は異常ですか?
もう治らないのでしょうか?
教えてください。
答えです。  こんにちは。歯科医師の深沢です。

現在の口の中の状態を直接見ている訳ではありませんから、明確な診断をする事は出来ませんが、若年性歯周炎といって、数%の人に見られる歯周病の中でもやや治療が困難なものかもしれません。

なかなか治療に反応しずらく、予後は良いはいえませんが、歯科医院での定期的な治療と、家庭での自己管理が重要になります。ただ、歯磨きが不十分なだけなのかもしれません。その場合には、歯磨きを徹底する事で、すぐに状態は改善するはずです。 すぐにでも歯科医院を受診することをお薦めします。

今まで話した事は歯周病であると言う前提ですが、もしかすれば全く異常ないのかもしれません。というのは、歯はもともと少し動くものです。歯根の周りには歯根膜と言って50ミクロンほどの薄い膜が存在しています。この膜が歯根と歯槽骨とを結んでいます。そのため、指で歯を揺らすと少し動くのが普通です。13歳という年齢では歯槽骨は柔らかく、柔軟性があるため、歯の向きは成人に比べて更に大きいものになることが多いです。この場合は、全く心配ありません。

若年性歯周炎であるといけないので、あまり進行しないうちに、病気の進行を食い止める生活習慣を身に付ける事が重要です。

スポンサード リンク