歯槽膿漏を効果的に直す方法はありますか?

歯周病 歯槽膿漏 歯肉炎
歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎のQ&A

もっと歯周病(歯槽膿漏)を効果的に治療する方法はないのでしょうか?

質問です。
はじめまして。

最近、ご飯などを食べているとモノがよく挟まるようになってきました。

色々調べていると歯周病(歯槽膿漏)で歯茎が下がってきているのが原因だと思います。歯医者にも行ったりしたのですが歯がぐらつかないように他の歯と一緒に固定した方がと進められ治療も大分時間がかかってしまうとの事。

もっと歯槽膿漏を効果的に治療する方法はないのでしょうか?

また新宿近辺で歯周病(歯槽膿漏)の治療が上手な歯医者さんなどありましたらお教え頂けるとありがたいです。
答えです。  こんにちは。歯科医師の深沢です。

歯槽膿漏(歯周病)の治療はその状態が重度になればなるほど治療に時間がかかりますし、定期的なメインテナンスに通わないと、せっかく治った歯周病も再発してしまいます。

歯周病の治療は、スケーリングやルートトレーニングといった治療をしっかり受けた上で、歯周ポケットが残存している所をターゲットにして歯周外科を行うというのが一般的な流れです。これをなかなか簡略化することはできません。

食べたものが詰まるという事は、それらを完全に除去しない限り、そこには歯周病菌が大量に繁殖し、歯周病を悪化させる原因となっていきます。自宅でできることとしては歯間ブラシを使って食べかすを完全に除去することを徹底してください。 電動歯間ブラシというのもありますので使ってみるの一方です。

歯周病の進行度合いがどの程度かは確実には文面だけでは判断しかねますが、歯を他の歯と固定した方が良いと歯医者さんは言ってることから推察するとかなり進行しているようです。

歯周病(歯槽膿漏)の治療が上手な歯医者で新宿の近くですと、私が所属しているスタディーグループの新井先生をご紹介致します。

 新井歯科医院 新井 俊樹先生
 〒142-0051 東京都品川区平塚2−15−14モリビル

お大事にしてください。

スポンサード リンク