歯軋り、顎関節症で悩んでいます

歯周病 歯槽膿漏 歯肉炎
歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎のQ&A

歯軋り、顎関節症で悩んでいます。噛み合わせが良くないように感じるのですが。

質問です。
現在、歯軋り、顎関節症で悩んでいます。

県立病院での治療で、顎関節症の痛みはマウスピースなどで落ち着いてはいますが、歯軋りでの歯の動揺、かみ合わせでは常に気になって仕方がありません。

昨年10月から、左上奥から2番目の歯が虫歯と歯軋りのため割れ落ち、ぬいてからブリッジにしました。それからは、以前から歯軋りもしていたのだと思いますが、歯軋りのためか、ブリッジでの治療の直りが遅く、常に口の中に血の味がする状態でした。

現在は、左下奥から二番目が神経を抜いているのにもかかわらず、痛みます(側面から口腔内に向かって軽く押すと)。口腔内から外側に向かって側面を押すと痛みはありません。このことから、素人ながら、口腔内に歯が傾いているのではないかと思っています。

かみ合わせでもブリッジをかけている歯に左下の歯が時折当たって、痛く感じます。奥歯同士が当たるというより、手前のブリッジがかかっている歯により強くあたる感じがします。歯軋りのためか、歯周病(歯槽膿漏)のためなのか、歯の動揺も気になります。

左下奥から二番目は、県立病院の見解では、歯軋りが思いのほか歯に影響を与えているのだということで、すぐにでも治療しなければいけない歯ではないということでした。マウスピース(硬いタイプ)も歯軋りによって割れてしまう状態でこのまま下の歯の金属をはずして検査せずに、放置していてもいいのかどうか、伺いたいです。

歯を抜くときに、再三、歯医者には通院して(金具が外れたり、違和感を感じたり)、診てもらうように頼みましたが、大丈夫だというばかりで、結局きちんと診てくれなかった、あの時もっときちんと診てくれていたら、という思いが常にあります。よろしくお願いします。
答えです。 「歯軋り」や「食い縛り」による歯に与える悪影響は思いのほか強いものと考えられるようになってきています。

基本的にはマウスピース(スプリント)で治療をおこないます。
また、自己暗示法などの治療法があります。詳しくは歯周病と歯ぎしりのページをご覧ください。

現在の歯科医院の医療水準ではこのレベルに対応できる歯科クリニックはあまりないものと思われます。

この治療法を一生懸命やっているスタディーグループがありますので、お近くにもしあればそちらの方を受診されてみてはいかがでしょうか。

ヨクナールミーティングに参加している下記の歯科医院に問い合わせしてみてください。
谷口歯科医院 TEL026−226-0262 
日本全国からこのスタディーグループに参加している歯科医院が数多くあります。お近くの歯科医院が見つかるといいですね。

お大事にしてください。

スポンサード リンク