下の奥歯で銀歯のかぶさっている歯から膿とは違う不快なにおいがします

歯周病 歯槽膿漏 歯肉炎
歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎のQ&A

治療した箇所から膿とは違う不愉快な匂いがでます。ブラッシングで治っていきますか?

質問です。
歯の下奥歯で治療してあり、銀歯で全て覆い被さっています。(神経もありません)。

その奥歯ですが、歯肉の多少の痛み(腫れ)はありましたがブラッシングにより2,3日でなくなり、今、痛みは全くありませんが、その部分から痛み(腫れ)の時からたぶん膿と違う不愉快な匂いがでます。

腫れがひいても匂いが気になります。歯的にも痛みはありませんが、このままブラッシングで治っていくものでしょうか?
答えです。 文面から察するに根先性歯周組織炎という病名かと思われます。歯茎の病気(歯周病)ではないようです。

もしこの病気ですとブラッシングでは治りません。根っこの中の病気ですので、歯科医院で根管治療を受けてください。銀歯がかぶさっているのは、大抵根っこの中の治療(根管治療)がなされていることがほとんどです。奥歯の場合、根っこが複雑になっていることが多く、根管治療がうまくいかないケースも数多く見受けられます。その場合は根っこの先端から膿が出るというような現象が起こります。こういったケースでは、銀歯を外し、根管治療を再度行う必要があります。一度根管治療を受けていますけれども、再度根管治療しても、やはりうまくいかないこともあり得ます。

いずれにしても、再治療しなければ根っこの先端に作られた膿の袋はどんどん大きくなっていきます。根っこの再治療にはかなりの治療回数のかかりますが、頑張って通院してください。
お大事にしてください。

スポンサード リンク