入れ歯のバネがかかっている歯から膿が出ています

歯周病 歯槽膿漏 歯肉炎
歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎のQ&A

入れ歯のバネをかけている歯の歯周病を治したい。

義歯・入れ歯の歯周病について 上の一番奥から2番目の歯が割れてしまい、抜歯後、義歯を装着しておりまし た。やがて、一番奥のバネのかかっている歯も歯肉炎になって3週間程前に、膿が出て、かかりつけの歯科医にて洗浄してもらい、今も毎日自分でブラッ シングして、歯科医師から処方して貰ったヒノポロンという塗布薬を塗ってますが なかなかおさまりません。
そこで、教えてください。 ちなみに、多少歯はぐらぐらしますが、それほどひどくなく、依然義歯はそ のまま使っていいと言う事で、その歯にバネをかけてつかってます。症状としては、その歯で硬い物を噛んだりするときに少し痛みがあるのと、多少、腐臭が します。膿は出ません。
@ このまま、この状態で病状が治める事が出来るのか?(歯科医師は、進行を遅らせることが出来ても、止められないというような事を言われています。これ以上 進行しない状態にしたい!)
AGTR法という外科的処方は、保険適用外ですか? また、私のような場合に受ける価値があるのかどうか、教えてください。 かかり付けの歯科医師は、特に、定期的に治療する必要もないし、後は、自分でケ アするだけと言うような旨、言っておりました。 お手数ですが、教えてください。私としては、何とか、今の状態で、止まって くれればいいと思っております。お願いします。
最適な治療法 一番奥の歯(入れ歯のバネをかけている歯)の歯周病の進行程度が予後に影響します。 歯の根は歯槽骨の中に入っていて歯根膜という組織で根と歯槽骨が結合しています。
歯周病が進行すると歯槽骨が破壊されるのと同時に歯根膜も破壊されます。 通常の(保険)治療では破壊された歯槽骨、歯根膜は再生されません。 したがって、根を支えている骨の量は治療の前後では変化しません。
一方、GTR法やエムドゲイン法ではこれらの破壊された組織を再生させることができます。 ただし、これらの治療法が適用できるのには、これらの組織の破壊のされ方に一定の条件があります。
1壁性の骨吸収(歯の根は4壁の骨で囲まれています。)の時のみ適用可能です。 また、当該歯の根は3本あり、最も奥にあるため歯周治療自体が難しくなります。
@歯科医師は、進行を遅らせることが出来ても、止められないというような事を言われています。 ⇒ おそらく、歯周病の進行が相当程度進んでいるためではないのでしょうか?
AGTR法という外科的処方は、保険適用外ですか? ⇒ 自費治療です。 治療を受ける価値があるのかは、どのような骨吸収になっているのかにより決定されます。 たとえGTR法やエムドゲイン法の適用でない場合でも現状を維持することは不可能では ないかもしれません。
歯科医院での定期的な処置は必要です。
.歯周ポケットの審査
2.PMTC
3.再治療(状態が悪化した場合) などの処置を行うのとそうでないのでは、予後に与える影響ははかり知れないと考えています。

スポンサード リンク