中等度の歯周病でも早産や流産せずに元気な赤ちゃんを産むことは出来ますか

歯周病 歯槽膿漏 歯肉炎
歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎のQ&A

歯周病でも早産、流産せずに、元気な赤ちゃんを出産出来ますか?

質問 26歳で歯周病にかかってます。 ネットなどで色々調べているうちに怖くなってしまったので書かせて頂きました。 全体的に歯茎が下がってきています。中度の歯周病だと思います。 最近、左の奥歯が冷たいものなど飲んだりするとしみて痛いです。
進行が進まないように今は、歯ブラシや歯間ブラシなどをして食べかすがないように徹底して掃除をしています。
ネットなどで見たのですが歯周病になると早産など流産しやすいと書いてありますが私はこれから結婚もしたいし、もちろん子供も欲しいのですが・・・・もし妊娠したら無事に元気な赤ちゃんを産む事が出来るのでしょうか? 最近その事が気になって不安になってしまいす。 どうかご返答の方をお願い致します。
専門家のアドバイス ご自分で口腔ケアをきちっと実践することは重要です。しかし、どれだけきれいに磨けているかが重要です。当サイト内にもある様に「染めだし液」を使って磨き残しのチェックをし、確実なプラークコントロールをマスターしてください。 使用する歯磨き剤、歯ブラシの選択も当サイトを参考にしてください。
また、いつ、どれだけ歯磨きをしたらいいのかという点については「自分で歯周病・歯槽膿漏のプラークコントロール」を参照してください。
一度、歯科医院へ行き、歯科衛生士さんに歯磨きの仕方を教えてもらってください。今まで気づかなったことを色々学べると思いますよ。

左奥歯が冷たいものに凍みる理由は2つ考えられます。

知覚過敏
歯茎が下がると歯根が露出します。 歯根部分の表面はセメント質という組織で覆われていますが、セメント質は露出すると歯ブラシなどで次第にはぎ取られていきます。 すると、象牙質という組織が表面に現われてきます。象牙質には神経が入っているので、凍みるという症状を起こすことがあります。 これを治すには凍みている所を怖がらずに歯ブラシをかけることです。 その際、知覚過敏防止用の歯磨き剤(シュミテクト)を使用すると効果的です。 最低2週間の使用が必要です。
● 虫歯の進行
虫歯が神経(歯髄)近くまで進行すると冷たいものに凍みだします。 この場合にはできるだけ早く虫歯の治療が必要です。 今の内なら神経を取らずに部分的な詰めもので済みます。

歯周病はその進行程度により自己管理、歯科医院での治療、メインテナンスなどが異なります。 ポイントは歯周ポケットからの出血と深さです。 出血があるということは炎症が存在していることになります。 歯周病は慢性疾患ですがコントロールは可能です。 治療により歯周ポケットの深さを正常値(2mmくらい)にし、自己管理、メインテナンスを実践すれば、歯周病の状態ではなくなり出血は起こらなくなります。 もちろん「無事に元気な赤ちゃんを産む事が出来る」ということができます。
最後にタバコを吸っている場合には歯周病の治療はうまくいきません。「歯周病とタバコの話」を参照してください。

 

スポンサード リンク