糖尿病と歯周病との関係

歯周病 歯槽膿漏 歯肉炎
歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎のQ&A

糖尿病で歯周病 出血と小さな腫れがある場合、適切なブラッシングで改善は可能か

質問 お尋ねいたします。
現在、2型糖尿病で投薬治療を行っています。

歯周病用の歯ブラシと歯磨きでブラッシングしていますが、そのたびに出血します。

定期的に歯間ブラシも使っているのですが、その効果はあまり顕著ではありません。

最近、歯茎にプクッとした小さなふくれができ、いつのまにか治るという状態が続いています。

さらに、堅いものを噛むと奥歯がきしむような軽い痛みを感じます。

こうした状態の場合、適切なブラッシングで症状は改善しえるのでしょうか。
それとも外科的な処置が必要になって来るのでしょうか。
専門家のアドバイス

歯ブラシをすると出血があるということは明らかに歯周病による炎症が起こっている証拠です。 糖尿病の方は歯周病になりやすく、しかも重症化しやすいため、健康の方以上に適切なブラッシングが望まれます。
歯肉からの出血は気になさらずにどんどんブラッシングを行ってください。

同時に歯間ブラシの使用も毎回行ってください。
オーラルヘルスタブレットを使用してみてください。歯周病菌の数を減らすことが出来ます。

「歯茎にプクッとした小さなふくれができ、いつのまにか治るという状態が続いています。」とありますが、歯茎と歯との境辺りにふくれがある場合には歯周病が原因です。
一方、根っこに近い部分にふくれが出来ている場合には根の中の病気です。
この場合には根管治療(歯の神経の治療)が必要です。

歯周病の進行が重度に至っている場合には適切なブラッシングだけで症状が改善することはありません。重度歯周病の場合は、深い歯周ポケットが出来ていることがほとんどで、歯周ポケット内の細菌の繁殖をコントロールするような治療が必要です。

歯科医院での適切な処置が必要で、歯周外科が必要かは個々の症例によって判断されるべきものです。また病状が安定したとしても、定期的なメンテナンスに通う必要があります。近いんでは PMTC と言って専用のクリーニング用の機械で歯及び歯周ポケット内の細菌のコントロールをしていきます。

 

スポンサード リンク