歯周病,歯槽膿漏は重症化する事で、歯周病菌が大量に増え、口臭の原因となります。

歯周病 歯槽膿漏 歯肉炎
口臭を分類すると自臭症と他臭症に分かれます。自臭症の患者さんは自分の口臭を強く自覚し、他人も同様に臭いと感じているのではないかと常に大変な不安を感じています。しかし、実際には口臭はほとんど発生していません。このサイトでは歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎によって増殖した細菌によるガスが原因で起こる口臭(他臭症)について解説します。

口臭(他臭症)の原因は歯周病・歯槽膿漏

口臭(他臭症)の原因のNo1は歯周病
口臭(他臭症)の治療と防止策 口臭ケア用品

口臭(他臭症)の原因のNo1は歯周病・歯槽膿漏

第一に、お口の中に、実際に問題があります。
例えば、「歯周病・歯槽膿漏」や「大きな虫歯がある」等、炎症があり、膿が出ている場合に起こります。つまり、口臭を起こしているのは細菌です。その中でも、酸素が嫌いな細菌(嫌気性菌)です。特に歯周病・歯槽膿漏の症状が進行した場合に強い口臭となります。

他人にとっては、強烈な口臭を感じるものですが、本人は口臭が在るとは、まったく感じません。
ですから、周りの人間はとても不快でたまらないのですが、本人は指摘されるまで気付きません。
なぜ他臭症の方は、自分の口臭を感じないのでしょうか
口臭を引き起こす歯周病菌が常に口腔内に存在し、口臭の原因であるガスを発生し続けるからです。
このような時、人間の臭覚は麻痺してしまい、自分の口臭を自覚出来なくなってしまいます。

こうすれば出来る口臭治療と口臭防止対策

歯科医院における治療は比較的容易で、原因を作り出している病気(歯周病,虫歯)を治す事と、
歯磨きのテクニック(プラークコントロール)をマスターしてもらう事の2点です。
歯科医院での口臭治療と口臭防止対策
  • 歯周病・歯槽膿漏の治療を行う(歯石とり、ルートプレーニングなど(重度の場合は歯周外科手術を行うこともあります)。
    その他、歯周治療の計画に基づいて適正な治療を受ける。
  • 歯磨き指導を受ける。
  • 虫歯の治療を行う。
  • メインテナンス(PMTC、歯石を取る)を、定期的に受ける。
家庭での口臭予防・口臭防止対策
口臭予防は、原則的に歯周病の予防法に準じます。
中等度歯周病重度歯周病の際に口臭が発生するからです。
セットB+ハイザック(hi-ZAC)

染め出し液により磨き残しのチェック。
歯周病を自分で口腔ケアする方法と、ほぼ同じですが、ハイザックを最後にうがい薬として使います。

染め出し液を綿棒で歯面にくまなく塗布していきます。そして、水で軽くすすぎます。
染め出し液 綿棒で塗布 磨き残している部分を簡単にチェックすることが出来ます

音波電動歯ブラシで、赤く染め出されている所にジェルコート(フッ素・キシリトール・塩酸クロルヘキシジンを含むジェル)を付けて磨き、綺麗にする。

音波電動歯ブラシにフッ素・キシリトール・塩酸クロルヘキシジンを含むジェルをつけて歯磨きします。
(歯磨きは朝起きてすぐと夕食の後に行ってください。)

歯磨きを行う回数とタイミングについては歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎のプラークコントロール方法のページを参照してくださ。

歯の間の磨けてない所をGUM電動歯間ブラシを使用し、
歯磨き用ジェルを付け、歯磨きをする。

GUM電動歯間ブラシに、フッ素・キシリトール・塩酸クロルヘキシジンを含むジェルを付け、歯磨きします。

必ずしも、電動歯間ブラシを使う必要はありません。通常の歯間ブラシで十分ですが、電動歯間ブラシはフォルダーの部分が振動する構造になっていて、通常の歯間ブラシをフォルダーに差し込んで使うものです。大変効率よく歯の間を清掃出来ますから、あまり高くないので使ってみる価値は十分あります。

コンクール(グルコン酸クロルヘキシジン含有のうがい薬)でよくうがいをする。
1日2回、歯磨きの後に行ってください。

コップ1/4杯(50ml)の水にうがい薬を10滴程入れて
よくかき混ぜます。
ここでは、半分の25mlでうがいを行う。(残りはEで使用。)
※グルコン酸クロルヘキシジンは抗菌作用があり、口臭を発生させる細菌の量をコントロールすることが出来ます。

歯周病が中等度以上に進行した場合には歯肉改善用ペーストを付けて、歯肉に薬効成分を染み込ませるような感覚でマッサージするように1分ほどブラッシングしてください。

歯肉改善用ペーストの使用は、歯肉炎程度の軽度の場合には使用する必要はありません。

Cで残ったコンクールうがい薬(25ml)で、うがいをしてください。


ハイザック(hi-ZAC)で、うがいをしてください。

ハイザック(hi-ZAC)は強い薬なので、長期間の使用は禁忌です。口臭がなくなったと判断したらすぐにやめてください。
  • ハイザック(hi-ZAC)は口臭がなくなったら使用を中止してください。
  • 歯周病・歯槽膿漏治療、虫歯治療の完了と共に、口臭は減少していくはずです。
  • もし、それでも口臭がなくならない場合、担当医にご相談ください。

歯周病が原因で起こる口臭ケア用品

歯科医師が推奨する口臭ケア製品を紹介します。
歯周病・歯槽膿漏はもちろんむし歯予防・口臭予防のためにも、参考にご覧下さい。
各ケア用品をクリックすると詳細を見ることができます。

歯垢染め出し液 音波電動歯ブラシ GUM電動歯間ブラシ
歯垢染め出し液 音波歯ブラシ GUM電動歯間ブラシ
グルコン酸クロルヘキシジン含有のうがい薬 歯肉改善用ペースト フッ素・キシリトール・塩酸クロルヘキシジン含有ジェル
グルコン酸クロルヘキシジン含有のうがい薬 歯肉改善用ペースト フッ素・キシリトール・ 塩酸クロルヘキシジン 含有ジェル
ハイザック(hi-ZAC) 緩衝成分CPP-ACP配合ペースト クリーニング用ジェル
ハイザック(hi-ZAC) 緩衝成分 CPP-ACP配合ペースト クリーニング用ジェル
口臭予防ガム
口臭予防ガム

スポンサード リンク