歯科衛生士が施術するPMTC。

歯周病 歯槽膿漏 歯肉炎
PMTCとは、歯科衛生士が特殊な機械を使って歯面を清掃する方法です。細菌の膜であるバイオフィルムの破壊を目的としています。歯周病の治療成果を高め維持コントロールするのに大変役立ちます。一度行うと約3か月効果が持続します。

PMTCで歯周病をコントロール!

PMTC って何?

PMTCとは

歯科医師、歯科衛生士によって、歯垢、歯石を機械的に除去してもらうことをPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)といいます。歯科医院で行うプラークコントロールの中核をなすものです。

予防先進国のアメリカや北欧諸国では、大半の人が定期的に「PMTC」を受けており、虫歯の罹患率や歯の喪失数が日本と比べて圧倒的に少なく済んでいます。

PMTCと歯磨きとは何が違うの?

日頃自分で行っているブラッシングと何が違うのでしょうか。完全にプラークコントロールが出来ている人は少なく、特に歯と歯の間や歯周ポケット内にプラーク(歯垢)が残っていることが普通です。
  • 歯科衛生士が直接目視しながら専用の器具を使ってプラーク(歯垢)を除去するため、確実なプラークコントロールが可能になります。
  • 歯面や歯根面に強固付着したバイオフィルムをはぎ取るには普通の歯ブラシでは困難です。
PMTC はこんな人にお薦めです

PMTCの効果やメリット こんな人にお薦めです

  • 歯周病(歯槽膿漏)や歯肉炎など歯周疾患の予防や改善。特に、メンテナンスに入ってからの実施が有効です。
  • 虫歯菌によって作られたバイオフィルムを破壊することにより虫歯を予防。
  • 歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を保つ。
  • 矯正治療を行っている人。矯正治療中は歯に器具が装着されているため、磨き残しが多く見られます。そのため、歯肉炎が発症しているケースも決して珍しくありません。
  • 歯に被せ物やブリッチなどが入っている方。人工物が入ると、歯ブラシが届きにくい場所が多くなり、プラークコントロールが十分に行えなくなります。
など様々な効果があります。しかも早く、痛みもなく、これらの効果が得られます。
歯周ポケットに対しての PMTC の効果

歯周病の治療が完了しても、所々に歯周ポケットの深い箇所が残る場合があります。そんな時はメンテナンスに入ってから PMTCを行うことが効果的です。某大学の研究によると、 PMTCを行う事で歯周ポケット内 の細菌の量が約10分の1に低下しているとの結果を得ています。

PMTC は歯周ポケット内深くまで器具を挿入して行うものではありません。にもかかわらず歯周ポケット内の細菌量が低下しているというのは注目すべきことです。

虫歯菌が作るバイオフィルムに対しての PMTC の効果
バイオフィルムとはいろんな細菌が、手と手を取るように集まり集合体を作ったものです。歯周ポケット内には数多くの歯周病菌が生息し、バイオフィルムを形成します。

同様に、歯面にはミュータンス菌を中心とした数多くの虫歯菌による集合体が形成されます。これは一種の膜状になり、エナメル質表面に強固に結合します。通常我々が歯ブラシをしても、このバイオフィルムを除去するまでには至っていません。バイオフィルムの上に形成された歯垢(プラーク) を除去しているに過ぎません。

PMTC はこの強固に付着したバイオフィルムをはぎ取ることが可能です。

PMTCを受ける間隔

Q&A/question and answer
どのくらいの頻度で PMTC を受ければよいのでしょうか?
私は重度の歯周病だったのですが、ようやく治療が完了しました。そこで質問なのですが、どのくらいの頻度で PMTC を受けると効果があるのでしょうか
解説/explanation
歯周病のメンテナンスを受ける場合 PMTC の実施間隔をどの程度にしたらいいのかというのは気になるところです。

歯周病の場合、歯石の除去との関連性もあります。歯石除去のページでも説明したように、 PMTC の回数が増えれば、歯石の沈着するスピードが遅れます。 PMTC の本来の目的はプラーク(歯垢)を完全に除去することです。そういう意味では3ヶ月に1回がちょうど良いくらいでしょうが、歯石の沈着を防止するというの視点から見ると、もう少し間隔を狭めても良いかもしれません。

これは個人差がありますから、歯科医師とよく相談して決めると良いでしょう。

PMTCの流れ

治療計画
専用の器械により歯の間をPMTCしています

専用器械により
歯間を清掃しています。
歯の染め出し検査などを行い、お口の中を詳しくチェックして、一人一人に合ったスケジュールを組みます。そして現在のお口の状態を説明します。
(歯の染め出しは、希望の方のみ行ないます)

着色除去
歯の表面に付着しているヤニや茶渋などの着色をとります
重炭酸ナトリウム塩をプロフィージェットと呼ばれる専用の器具から吹き出して、歯の表面に付着しているヤニや茶渋などの着色をとります。
研磨(ケンマ)
歯と歯の間や表面を1本ずつ丁寧にみがいていきます
次に、専用のジェル(フッ素配合)を使って、歯と歯の間や表面を1本ずつ丁寧に磨いていきます。
フッ素塗布
フッ素・キシリトール・塩酸クロルヘキシジン配合ジェル リカルデント配合ペースト
仕上に、お口の中を洗って、歯質を強化するフッ素(フッ素・キシリトール・塩酸クロルヘキシジン配合ジェル)で歯の表面をコーティングします。
虫歯リスクの高い方にはリカルデント配合ペーストの塗布も効果的です。
フッ素・キシリトール・塩酸クロルヘキシジン配合ジェル リカルデント配合ペースト
ホームケア
歯科医院で正しい口腔ケアを学習しましょう。
  @電動音波歯ブラシの使用法 A歯磨きのチェック
  Bブラッシングの仕方 C歯周病予防
  D虫歯予防  
自宅で口腔ケアを実践

PMTCではこんな器具を使います

コードレス PMTC用器械
コードレスのPMTC用の器械を使います。
下図のブラシやゴム製の研磨用インスツルメント、歯の間を研磨するインスツルメントなどで歯のすべてをきれいにします。
歯科用インスツルメンツ
歯科用インスツルメンツ 歯科用インスツルメンツ 歯科用インスツルメンツ 歯科用インスツルメンツ
研磨用ペースト
研磨用ペースト

スポンサード リンク