歯周病と歯ぎしり。

歯周病 歯槽膿漏 歯肉炎
夜寝ているときの歯ぎしりは、強い力で上下の歯を揺り動かすことになり、歯周病を増悪させる原因の一つです。あまり歯ぎしりが強い場合には、マウスピースを口の中に入れるスプリント治療を行うことがあります。

歯ぎしりと歯周病

歯ぎしりが引き起こす疾患

咬合性外傷

 特定の歯に強い力が加わって歯周組織がダメージを受ける現象を咬合性外傷と呼びます。

原因
1.歯ぎしり
2.歯列の崩壊(虫歯を放置したり、歯が無くなった所に入れ歯やブリッジなどの治療を行わないと、歯が倒れたり、移動したりして歯列がガタガタになってしまう)
3.合わない詰め物や被せ物

咬合性外傷の原因の一つである歯ぎしりによって歯周病を誘発させ、あるいは増悪させる事が報告されています。

咬合性外傷が、引き起こす各種疾患
  • 歯周病
    歯周病は細菌によって引き起こされるのですが、咬合性外傷の原因の一つである歯ぎしりによって歯周病を誘発させ、あるいは増悪させる事が報告されています。
  • 知覚過敏
    歯根が露出したところが凍みます。
  • クサビ状欠損
    歯と歯茎の境目部分がクサビ状に削られた状態になります。
クサビ状欠損について
歯に異常な強い力がかかり続けるとクサビ状欠損が起こる
歯の根元部分がクサビ状に削られたようになります。以前は歯磨きの圧力が強すぎるとか、研磨剤の入っている歯磨き剤を使っているからだと考えられてきましたが、現在では強い噛み合わせの力がかかる事で、少しずつ歯が欠ていくことがわかっています。

例えば左上4番5番の歯にクサビ状欠損があれば、左下の4番5番の歯にも同様にクサビ状欠損が起こっている事が多くのケースで見られます。このことは正しく、歯に強い力がかかり続けることで起こったことの証拠です。

治療方法
コンポジットレジンという歯と同じ色の詰め物をすることで修復は出来ますが、クサビ状欠損を起こしたところには応力が集中するため、コンポジットレジンが外れやすいという問題があります。
従って、原因(歯ぎしりなど)を根本から除去しなければ改善しないケースもあります。

歯ぎしり種類と原因、その治療法

歯軋りをしていない正常な状態とは

 食事以外の時は上下の歯は接触せずに、第一大臼歯のところで2mmほどの隙間がある状態が正常です。
このことを安静位空隙と呼んでいます。

歯軋りの種類

1.グラインディング
 上下の歯をギシギシとすり合わせるため音がします。夜寝ている間が一般的ですが、起きている間もする人がいる事が報告されています。
 狭義の意味で歯ぎしりというとこのタイプを指すことがあります。

2.クレンチング
 上下の歯を強く食いしばるものです。昼夜を問わず行われます。

3.タッピング
 上下の歯をカチカチと打ち鳴らすタイプで頻度はあまり高くありません。

歯軋りの原因

 ストレスによるものであるというのが現在では定説になっています。
以前は歯並びの異常によって起こっているものとして咬合調整(部分的に歯を削って歯並びを治す治療)を行うこともありましたが、現在では歯ぎしりと歯並びの異常との関連はほぼ否定されています。

歯軋りの治療法

1.スプリント治療(マウスピース)
 歯の型を採って作成し、夜寝ている間上の歯列に装着します。(通常保険適用になります。)

2.自己暗示療法
 睡眠前に「唇は閉じ、上下の歯はわずかに離れている」と心の中で30回唱えてください。
 自己暗示療法が有効なケースが数多く報告されていますので試してみてください。

3.意識改革
 「唇を閉じて上下の歯が接触しない状態を保つこと」を常に意識する。

スポンサード リンク